猫背のデメリット?

こんにちは。

神奈川県藤沢市の辻堂にある整骨院、湘南ペンギン整骨院です。


在宅ワークなどにより家で過ごす時間が急激に増えたという人も多いのではないでしょうか。

そんな中、リビングのソファやダイニングの椅子に腰掛けて、長時間スマホやパソコンを操作するなど、

同じ姿勢で座っているとついつい猫背になりがちですよね。

長時間猫背になっていると、猫背が楽になり、いつのまにか、普段の姿勢から猫背になってしまいます。

猫背のデメリットと猫背の改善をサポートするカンタンな体操をご紹介するので、ぜひ、試してみてください。


猫背になると疲れやすい?猫背のデメリットとは

椅子に長く腰掛けていると、人のカラダは重力に負けて骨盤が後ろに倒れやすくなります。

オフィスの椅子は骨盤の傾きをサポートする設計になっているものが多いですが、

自宅の椅子やソファはそうではないため、どうしても骨盤が後傾しやすくなります。

正しい座り姿勢の場合、カラダの重心から真っ直ぐ下に延ばした線が床と交わる点「圧中心点」が

カラダを支える「支持基底面*」の中に収まっています(図1)。

しかし、猫背になり骨盤が後傾すると圧中心点が支持基底面から外れるために天秤のように頭部が

その重りの位置を調整するためにカラダの前へ移動してしまいます(図2)。 *支持基底面とは、体重や重力により圧を感じることができるカラダ表面とその間にできる底面のことを言います。

座位の場合、足底と坐骨を結んだ面が支持基底面となります。



前屈みの姿勢は、肺を圧迫しカラダの中に空気を十分に取り込めなくなるため、

一種の酸欠状態となり疲労しやすくなってしまいます。

猫背がカラダに及ぼす影響は疲れやすくなるだけではありません。

背中が丸まると、肋骨周りの筋肉が凝り固まり深い呼吸ができなくなります。

呼吸には、酸素を血流にのせてカラダのすみずみまで届けるという大事な働きがありますが、

呼吸が浅くなると、代謝の低下や臓器の働きが鈍くなるなどの不具合が生まれます。

さらに筋肉の凝りは血行不良を招くため、むくみが起こりやすくなる、

睡眠の質にまで悪い影響を及ぼすことがあります。


次は改善できる簡単な体操のご紹介です!

湘南ペンギン整骨院ブログ

湘南ペンギン整骨院

神奈川県藤沢市辻堂新町の整骨院『湘南ペンギン整骨院&整体院』| 各種健康保険・労災・交通事故指定院

始めました!

【特典1】

LINEから予約・お問い合わせ可能
【特典2】

LINE@限定で最新情報の配信
【特典3】

アフターフォロー

自宅でできるストレッチなど個人的なご相談の対応可能