足の痛み

​足の痛み

このようなお悩みありませんか?

☑足首を捻ってしまった

☑過去に捻挫してから体の調子が悪くなった

☑足の底や足の甲が痛い

☑検査で骨に異常がなかったのに痛い

☑足首がつる感じがする

どうして足首が痛くなるの?

1.交通事故やスポーツ等で足に激しい衝撃が加わったとき

一つ目はスポーツや交通事故にあって、足がケガをしてしまっている状態です。その時は足の筋肉や関節、靭帯等はケガをして炎症をおこしている状態なので、そとからマッサージしたり足に負担のかかるストレッチは行えません。一つ目はスポーツや交通事故にあって、首の正常な動きより動きすぎてしまった場合です。その時は首の筋肉や関節、椎間板は炎症をおこし傷ついてる状態なので、そとからマッサージしたりボキボキといった矯正は行えません。

2.スポーツや姿勢の悪さで骨格がゆがみ、足に負担がかかっている

スポーツ動作等のかたよった運動を行い続けることによって、同一箇所に負担がかかります。悪い姿勢で座ったりすると股関節は開き、がに股になり、足は外側重心になります。足への負担は増え捻挫しやすくなったり、動きづらくなります。

3.足首や足の関節の動きが悪くなっているとき

関節はもともとクッションの役割を果たします。筋肉のこわばりによりそのクッション機能が低下して足にかかる負担がまします。

4.膝や股関節など別の場所が硬くなっているとき

足首をそらすときには下腿の横の骨が動き足をそらせやすくします。また股関節の動きが硬いと歩幅が狭くなり足への衝撃が大きくなります。

5. 足自体が変形してしまっているとき

中高年における肘に棘の変形。野球少年の肘の痛みでは成長過程にいる分、骨に負担がきやすく変形や剥離骨折がおきやすく、エコーによるメディカルチェックが必須な症状です。

足の代表的な症状

1.足首・下腿部の痛み

人体の中で一番重要といっても過言ではない場所が足関節になります。近年では足病医という医師がいるくらい重要視されている場所です。何が大事かというと指先から小さい骨まで入れると約30個の骨が関係してきます。これだけ細かい骨が集合して足を作っていて、自分の体重を支えなければいけません。そこで足にはアーチという構造があります。
このアーチが皆様にどれだけ影響しているかというと、何10キロ、100キロの人でも自重を支えることができる素晴らしい構造をしています。ただ一度支えられなくなってくると腰や膝などに痛みが出てくることもあります。

2.外反母趾

親指の中足指節関節と呼ばれる関節の捻じれからくる変形性関節症です。
原因は女性がヒールの高い靴を履くことによって指先に上手く力が入らなかったり、幅の狭い靴を履くことによって圧迫されてしまったりという後天的なものが多いです。

3.アキレス腱周囲炎

運動や日常生活で歩く機会の多い方にでる症状です。
アキレス腱は腓腹筋と呼ばれるふくらはぎの筋肉が抹消で腱になったもので、この腓腹筋の過度のストレスや疲労が主な原因になります。

足の痛みの治療法

当院では、丁寧に問診、整形外科テストをはじめた各種理学検査を行います。徒手検査に加え、骨折、脱臼している場合には提携専門医への紹介させていただきます。
また負傷箇所を特定し、ピンポイントで炎症を抑え、代謝促進を促す特殊な電気治療器を使用します。得られた情報から、関節、筋肉の固さ骨格の歪み、神経系のトラブルが原因と判断した場合、骨格調整や筋肉を調整する施術を行います。
症状の根本解決や早期改善のため、姿勢矯正を行い正しい姿勢、動作の改善を目標とします。
足が痛かったり、動きの制限があると、スポーツや日常生活に支障をきたしてしまい辛いですよね。治りが遅いと感じたら、早期に治療し、思い切ってスポーツや趣味を楽しめるようになりましょう。

湘南ペンギン整骨院ブログ

湘南ペンギン整骨院

神奈川県藤沢市辻堂新町の整骨院『湘南ペンギン整骨院&整体院』| 各種健康保険・労災・交通事故指定院

始めました!

【特典1】

LINEから予約・お問い合わせ可能
【特典2】

LINE@限定で最新情報の配信
【特典3】

アフターフォロー

自宅でできるストレッチなど個人的なご相談の対応可能